エロチャットアプリ
高校時代から「オナニー研究家」として名を馳せてきた野際くんとは、それから10年経っても未だに親交がある。お互いに結婚もせずに(できずに)オナニーばかりしている。
野際くんは、一時期は高校時代の部活の後輩と付き合っていたことはあるのだが「オナニーはいいねえ、やっぱりオナニーだよ」と、オナニーに回帰してきた筋金入りのオナニストである。
野際くんと究極のオナニーを求めていろいろな器具を用いてきた。ただ、現実のセックスを体験して帰ってきた野際くんが言うことには「単にペニスへの刺激を求めているのならばセックスすればいいだけだ」と言う結論に落ち着いた。オナニーの良さは決して物理的なチンコへの刺激だけではないのだ。
無料のライブチャット
そこで辿り着いたのがエロチャットアプリだった。「おかずの優秀さ」・・・オナニーはそれに尽きるのである。セックス以上のオナニーを求める場合、例えばリアルに女の子と会って相互オナニーのようなものをしたとしても、それはセックスへの前戯にしか成り得ない。セックスを打倒するには、女の子と直に会うようなリアルであってはいけない。
しかし、妄想だけでオナニーをするには、正直な話、テンションが持たない。だから、エロチャットアプリでエロチャットOKの女の子の力を借りるのだ。
そこで重要なのは、女の子に何を言わせるかである。「濡れてきちゃった。チンコ欲しいの」などと言う言葉ならばエロ動画を見てオナニーをしていた方がましだ。そこにはエロチャットアプリだからこそオナニーを高めてくれる何かがきっとあるはず。こうして、僕と野際くんは探求を重ねてきた。リアルやエロ動画ではまず聞けないような、思わずチンコをこすりたくなるような言葉。
そして、僕と野際くんはようやくたどり着いた。
「わたし、オナニー嫌いなんだよねー。もう嫌いで嫌いでオナニーなんて見たくもないの」
ああ、まんじゅうこわい。
エロチャットアプリ
オナ電アプリ
[メールボックス]

スマートフォン広告
クリック保証型ADsee!

BBSRANK
SMART-HP