デート援
愛人募集?出会い喫茶で割り切りしてるメンヘラ女性のパパ探し
病院で働いています。大きな病院ではないので、病院内の事務仕事でも患者さんと接する機会が多く、退院される患者さんを見ると私まで嬉しく感じます。ところが1人の患者さんがリハビリを嫌がり看護婦の先生も困り果てているという話を聞きました。その患者さんとたまたま食堂で会いました。初めて会った印象は少し怖い人かなと思いました。しかし、その患者さんは私に気づくと近づき突然笑顔を向けました。「姉ちゃん可愛いな。ここで働いているんだ。全然気づかなかったよ。」話して見るととても陽気な人で、みんなが困っている患者さんには思えませんでした。そして、その人は毎日食堂で前回会った同じ時間に私が来るのを待つようになりました。私たちはとても仲良くなりました。

「ゆりちゃんが、デートしてくれるならリハビリ頑張るよ。あっ、おじさんとのデートはデート援だから小遣いも入るよ。」「デート援。20代後半の私とデート援か、面白いことを言いますね。でも、リハビリをして無事に退院できたら一度くらいはデートしますよ。」「本当に。嬉しい。」そして、この患者さんはリハビリをするようになり1ヶ月後無事に退院しました。

退院後、約束通り彼とデートをしました。入院の時と違い私服姿に少しドキッとしてしまう私。そして、デート後本当にお小遣いを渡そうとしてきました。もちろん断りましたが彼は「また、デートしてくれよ。じゃないと、また病気になって病院に行くからね。」と、言いました。私はまたデートをする約束はしました。
デート援
セックスなしの援助交際
[メールボックス]

スマートフォン広告
クリック保証型ADsee!

雑談板フォロワ板
BBSRANK
SMART-HP