お金くれるパパ
お金 パパ活
お金くれるパパがいたおかげで私は無事に大学まで行けました。そして、その後の就職も。パパとの出会いは私のバイト先で働く常連さんでした。バイトは料亭のためマナーや色々と仕事を覚えることが多く何度か心が折れそうでした。しかし、給料がよく頑張って働いていると常連さんから顔を覚えられ、今のパパと知り合うことが出来ました。

「亜美ちゃんは、大学の費用自分で出していると聞いたけど本当なの。」「はい。大家族なので少しでも親に迷惑かけないようにしてます。」「偉いね。実家暮らしなの。」「いいえ。親元から離れて一人暮らしをしてます。だから必死に稼がなきゃ。」「家賃も自分で払っているのか。」「はい。」「偉い。今時の若者でここまでするなんて感心した。今度、私と昼間に食事行こう。」突然のことで驚きましたが後日会うことになりました。

約束当日。私は彼と食事をしました。「亜美ちゃんみたいな人を応援したいからね。良ければお金協力させてくれ。」「困ります。そんな突然。」「お金くれるパパと思ってくれればいいから。もし、大学卒業後就職先で悩んでだら、お金くれるパパの会社においでよ。」私が不安な顔でいると彼は笑いながら話を続けました。「お店のママからも聞いただろう。私のことを。」「はい。とてもいい人で安心していいよと聞いてます。」「そう言うことだ。見返りも求めてないから。」私はそのお金を受け取りました。

その後バイトを減らして勉学に力を入れらことが出来ました。お金くれるパパとはその後何度か食事をしました。そして、大学卒業の日、私は恩返しのつもりでおじさんの会社で働くことにしました。大学で学んだことを少しでも生かせられたらと思います。
愛人募集
楽してお金儲けをする
[メールボックス]

広告宣伝で副収入
アフィリエイトのスマプロ

雑談板フォロワ板
BBSRANK
SMART-HP