チャットオナニー
LINEのオナ電
「アユは彼氏いるの。」「いない。この前合コンに行ったけれどいい人がいなくて。」「選びすぎじゃないの。」「そうかなぁ。」友達はそういうことを言ってくれるけど、きっと私の見た目がブスだから彼氏がなかなか出来ないだと私は思いました。お金があるなら整形したい。と、思ってしまう私。「アユはどのくらい彼氏がいないの。」「3年かな。」「じゃぁ、そろそろ欲しいよね。私も知り合いに彼女募集している人がいたら紹介するね。アユは性格はいいから紹介しやすいよ。」「ありがとう。」でも、性格はと言う友達の言葉にグサっときました。こんやネガティブな私も嫌い。本当は彼氏なんて一度も出来たことがない。でも、20歳になってまだ処女なんて言えなかった私。友達にもいろいろ嘘をつく
自分も嫌い。

そんな私の今の楽しみはチャットオナニーでした。想像して、知らない人に犯してもらうことが凄く刺激的でした。もちろんチャットオナニーをしている事は友達はもちろん家族にも秘密。

ある日、いつものようにチャットオナニーをしていると「今度会ってみない。」と、いつも一緒にやっている男性から声をかけられました。普段サングラスをかけながらやっていたので私の顔を見たら引くだろうなと思いました。「怖い、もちろんいきなりあってHするとかじゃなくて、あって実際に話してみたいなと思って、どうかな。」「見た目ブスでもいい。」「構わないよ。俺だってイケメンじゃないし。」私は彼に会うことにしました。どうなるか分からないけれど、彼が私を見て引かないことを願いたいです。
ツーショットチャット
エロチェット
[メールボックス]

広告宣伝で副収入
アフィリエイトのスマプロ

全国募集板
BBS|LINK|RANK
SMART-HP