テレフォンセックス
ライブオナニー
施工のミスで俺は今。床下が浸水になった家庭の修理をしています。水を抜いて2時間。次は扇風機で床下を乾かしているけれど、1時間では終わらない。床下にずっと扇風機を持って当てている俺。お客さんには俺が携帯いじっても見られないので、乾かしている間、最近出来た彼女とLineをやっています。テレフォンセックスをしたいとスケベな彼女からLINEがありましたが、お客さんには見られなくても声は聞こえるのでテレフォンセックスは出来ないと送りました。すると、彼女はスケベな写真が送られてきました。鼻の下を伸ばしながらそれを見る俺。もう、アソコはカチンコチンになっていました。早く帰って彼女に会いたい。ところが終わったのは夜中の8時。今から彼女に会いに行きたくても、実家暮らし
の彼女は夜中抜け出すことが出来ません。そのため俺は彼女に内緒で風俗に行きました。

風俗について驚きました。店の前には幼馴染のサクラがいました。サクラも俺の顔を見て驚きました。「どうしたの。お店に入るの。」「そのつもりなんだけど、お前がいるからやめようかな。」「遠慮しないで。そして、私を指名して。その方が私が助かるの。お願い。」俺は仕方なくサクラを指名して店に入りました。「安心して。お店に入れば友達とかじゃなくお客と店のスタッフだからきちんと仕事はやらさせて頂きます。」正直、俺は嫌な気分はしなかった。サクラのことは胸も大きく一度やりたいと思ったこともあったから。テレフォンセックスから始まり、まさかこんな展開になるとは思ってもいなかったけれど、結果オーライと思いました。
セフレの作り方
セフレ募集
[メールボックス]

スマートフォン広告
クリック保証型ADsee!

BBSRANK
SMART-HP