愛人募集
お金をくれるパトロン
母子家庭に育てられました。私の母はいつも愛人募集をしているため、家には知らない男性がよく訪ねてきました。「まゆちゃん、お母さんいるかな。いないならまゆちゃんおじさんと遊ぶか。」と、言われたことも何回もあります。愛人募集をしている母も嫌いだし、私を引き取ってくれなかった父も嫌い。早く大人になって1人で生活する力が欲しいと思っていました。しかし、母が愛人募集をしていたおかげで愛人からお金をもらっていたのでお金に不自由することはありませんでした。その為私は大学に行くことも出来ました。大学を入学を機に一人暮らしを始めた私。料理とか掃除は普段からよくやっていたので一人暮らしが大変ということはありませんでした。

「まゆの部屋いつも綺麗だよね。料理も美味しいし、私が男なら絶対まゆと結婚するな。」「ありがとう。私も美嘉みたいな彼氏が欲しい。」「本当に。じゃぁ、私の兄を紹介してあげようか。」ひょんな事から私は友達の兄を紹介してもらいました。初めて美嘉の兄に会った時は驚きました。美嘉の兄は美嘉そっくり。一卵性双子だったのです。「驚いたでしょう。」「本当に驚いた。」「いや、俺も驚いた。まさか、まゆちゃんが家にいるから。」確かに美嘉の兄は口を開けたまんま驚いた顔をしていました。「兄貴はずっとまゆの写真見せてからこと好きだったからね。」「馬鹿、言うな。」私は、そんなまゆの兄に嬉しく思いました。そして、私達は付き合うことになりました。男性は苦手だったけど、まゆの兄は平気でした。
パパ掲示板
お金くれるパパ
[メールボックス]

スマートフォン広告
クリック保証型ADsee!

全国募集板
BBS|LINK|RANK
SMART-HP