オナ見
無料でオナ電する方法を部下から教わる
女性と話すのが苦手な俺は高校卒業してからは全く出会いがありません。就職して会社の付き合いでスナックやキャバクラにも行きますが、そこで働くスタッフに全く話すことができずいつも浮いた存在になっています。そんな俺の姿に上司は呆れていました。

「お前さ、もう少し女の子と話したりしろよ。せっかくここに連れてきても意味がないだろう。」「すみません。どうも話すと緊張してしまい。」「お前風俗とか行ったことはないのか。」「はい。」「まさか、女性と経験はないとか言うなよ。」「いいえ。一人だけいます。」「一人か、お前オナ見を利用して少しは女性慣れしてみればどうだ。サイト内で話すことになれたら少しは女の子と話せるようになるだろう。」「オナ見って何ですか。」「オナニーをしあうサイト。」その言葉に女性達は引いていました。私もその場でそんな話をする上司に少し驚きました。

仕事が休みの日に私はオナ見サイトを覗いてみました。いろんな女性がオナ待ちしていることに驚きました。中にはサクラみたいな人がいるのかと少し警戒心をもちながら、一人の女性と最初は緊張したけれど、私の指示で行動する女性の姿に興奮してしまいオナを楽しみました。

「まさか、ネットで楽しめると思わなかった。」「このサイト初めてなの。」「はい。上司の紹介で。私、極度の女性と話すのが苦手でこれをきっかけに克服できたらと思って。」「そうは見えなかった。オナを指示している時なんかベテランかと思ったよ面。また一緒にやろう。」「ありがとうございます。是非。」

それから1ヶ月後、私はだいぶ女性慣れしてきました。そして、サイトで知り合った女性リアルに会うことになりました。もうHがしたくて我慢が出来ません。
テレフォンセックス
電話エッチ
[メールボックス]

スマートフォン広告
クリック保証型ADsee!

全国募集板
BBS|LINK|RANK
SMART-HP