食事パパ
アプリを使ったパパ活
私は出会い系アプリで食事友達を探していました。地元を離れ、今のところに住み友達がいなかったからです。大人になると仲が良い友達はそうそうできるものではありません。それでも、たまには気軽に食事に行ける友達がいたらなぁと思うこともあります。それで、食事友達を探すようになったのですが、予想外の展開で食事パパができてしまいました。連絡をくれたのは彼の方からでした。私のことを気に入ってくれたらしく食事友達ではなく食事パパなんてどうですか?と連絡をくれたのがきっかけでした。私は、一緒に食事に行き話し相手になってくれる人を探していたので、食事パパの方が良いかもしれないとその時思いました。それで彼と会ってみることにしたのです。彼と会って食事をするうちに彼の魅力に引き込まれていきました。彼は私と食事に行くだけでなくお小遣いもいつもくれます。知らない土地で誰も頼る人がいなかった私は、そんな彼に頼もしさを感じるようになっていたのです。私は彼と会う日が楽しみになりました。そして、気がつけば彼に好意を寄せてしまっていました。でも彼は結婚しています。私はそれ以上の関係に進む勇気がありませんでした。しかし、彼からある提案をされ心が揺らいでいます。その提案とは彼の愛人にならないか?ということでした。私は彼の愛人になれるなら…と、思いましたが、一旦冷静になろうと思い、返事は保留にしてあります。この決断で人生が大きく変わってしまうのはわかっています。でも、彼への気持ちは抑えられないのです。
パトロン募集
愛人契約
[メールボックス]

[PR]
スマートフォン広告Adsee

全国募集板
BBS|LINK|RANK
SMART-HP