神待ち
 会社帰りにネカフェにより、何となくネットサーフィン。
エッチな掲示板なんかを覗いてみたんです。
すると、神待ちがSOSを発信していました。
投稿したてのそのメッセージに、連絡を入れてみました。
すると、あっという間に返事が返ってきちゃって。
「駅前にいるんだけど、助けてもらえませんか?」
食事を食べたい。
お風呂にもゆっくりと入りたい。
ぐっすりとベッドで眠りたい。
こんな欲求を持っていた神待ちです。
杏里のいる場所は、実際自分がいる場所でもあったりして。
5分程度で、対面することになりました。

 可愛い感じでした。
幼い顔立ち。
とりあえず、学生証見せてもらったところ、確かに19歳。
これで一安心。
18歳未満と関係を持っては犯罪ですから。
この部分は注意しなければなりません。

 杏里は、直ぐにバスルームに向かっていきます。
よほど暖かいお風呂に飢えていたのでしょう。
JCと援交する目的でTwitterを使い分かったセフレ募集の法則
彼女が着替えるのを見ているのも、気にする様子を見せないのです。
なかなか素晴らしいボディラインに、息子がむくむくと立ち上がり始めてしまいました。

 風呂から出れば今度は食事。
コンビニで買った弁当やお茶を、かなり美味しそうに平らげていく。
よほどピンチだったのが、彼女の様子からもうかがえました。
多少のインターバルを置いてから、いよいよ行為。
素直にセックスがスタートできました。
濃厚なディープキスも受け入れてくれる。
フェラも、頑張ってやってくれる。
愛撫で喘ぎ声をたっぷりと聞かせてくれる。
知り合ったばかりの女の子が、こんなエロい姿を見せてくれるって想像するだけで、心臓バクバク。
肉棒は元気いっぱいに立ち上がり続けてしまっていました。
ドッキングして快楽を大爆発させられました。
瞬間、神待ちは最高じゃないかって、そんなフレーズが脳内を駆けめぐってしまっていました。
車内フェラ
援掲示板
[メールボックス]

スマートフォン広告
クリック保証型ADsee!

BBSRANK
SMART-HP