セフレの作り方
ラブホテルの入り口で美人局が登場
会社の帰りに本屋さんへ行きました。その本屋さんはあまりお客さんが少なくとても静かなお店でした。本屋さんに着いてから5分ぐらい経った頃でした。俺はとある小説に目が行きました。タイトルは、セフレの作り方。こんなタイトルの本を買う人がいるのかなと思いながらちらっと横にいた人の女性に目が行きました。その女性が読んでいる本が、セフレの作り方でした。まさか、女性がそんな本を堂々と読むとは驚いてしまいました。そんな私の視線を感じて女性そんな私の視線を感じてか、女性は私の方は私に気づきました。「あなたもその本に興味があるの?」「えっ、あっ、いえ、はい。」動揺してしまった俺。その女性は俺と同じ40代くらいの、少しメイクがきつめで仕事が出来るそうな雰囲気を感じました。「この本、面白いわよ。私もセフレの作り方を参考に作ってみようかしら。」なんて、大胆に宣言するこの女性に俺は驚きを隠せませんでした。「そんなに変かしら私?」俺の反応にむしろ面白がっている女性。「堂々と宣言する人初めて見たから。」「だって、仕事ばかりの毎日で結婚と言う言葉からも縁が遠くなったし、セフレ見たいな関係が私にはあうからね。」「面白いですね。でも、俺も人のことは言えないかも。」 2人でセフレの作り方を買い、そして食事に行くことになりました。楽しい会話で時間はあっという間に過ぎ、そのままホテルへ行きました。この本が引き合わせたのか、俺にセフレが出来ました。
童貞狩り
素人動画
[メールボックス]

広告宣伝で副収入
アフィリエイトのスマプロ

雑談板フォロワ板
BBSRANK
SMART-HP