割り切りの意味
 40代前半の私でも、割り切りの意味は熟知しています。
ハッキリ言えば、興味がありました。
金銭的に困っているのか?
と言うよりも、実は肉体的に困っていました。
どの家庭でも起こる、セックスレス。
随分長い間、家庭内で夫婦の営みを作ることがありませんでした。
夫の収入は、それなりに高かったりもするために、自分でお金を稼ぐ必要はありません。
肉体的な不満を解消したい気持ちがあり、セフレではなく割り切りに手を出したくなってしまいました。
それは、私に価値を見いだしてくれる男性との関係を求めたからです。
割り切りの意味は、私にしっかりとした価値を感じてくれる人とのセックス、そういう意味で手を出そうと思いました。
ホ別イチゴの女子大生と無事対面して

 初めてとなる、割り切りの相手なのですが、50代の人。
やりとりし、テレビ電話で顔を見せたところ、驚かれてしまいました。
「本当に、40代なの?20代後半じゃないの?」
相手の男性、本気で驚いているのに、ちょっとおかしい気持ちにもなったりして。
「君なら、2万円だすよ」
かなり高額な値段を提示してくれ、私の価値をわかってくれたこともあり、待ち合わせすることになりました。
素直なことを言えば、私に価値を感じてくれた男性との待ち合わせに、怖い気持ちよりも期待する気持ちを強めてしまったのです。

 随分久しぶりな、大人の関係でした。
さすが50代の男性は、リードも上手でした。
気持ちを盛り上げ、肉体を少しずつ感じさせてくれる。
そのテクニックに酔いしれてしまう私。
とても深い快楽が、肉体を走り抜けていくのを感じてしまったのでした。
その日、2回戦目にも応じてしまったのです。
たっぷりとセックスを味わいまくる。
素晴らしい肉体関係をエンジョイできた感じです。

 その後、私の考える割り切りの意味を理解してくれる男性たちと、熱い情事を繰り広げる様になりました。
セフレが欲しい
セフレの作り方
[メールボックス]

スマートフォン広告
クリック保証型ADsee!

BBSRANK
SMART-HP