パパ募集
パパ活
私の娘が携帯をいじっている時、ふと目にいってしまいました。パパ募集。まさか娘はパパを作ろうとしているのか、親的には叱ってやりたいが証拠もないし、もしや勘違いかもしれない。何よりも、私は人の事を言えない立場。何故なら私にはパパ募集をしていた娘みたいな女の子とメールをしているからです。

きっかけは、会社の仲間からパパ募集の事を知り「お金に余裕があるならパパになるといいですよ。若い子と話せるし、下手したらいい思いも出来るし。」半分冗談でパパ募集を覗いたらどんどんハマってしまいついに、1人の女の子と連絡するようになり今度会うことにもなりました。「浮気ではない、身体の関係にならないなら、自分の小遣い範囲内で楽しむならいいだろう。」と、自分で言い訳をして当日を迎えました。

そして、当日を待ち合わせの場所に着きました。そして、女の子とあいまずはカフェに出かけました。「好きなものを食べていいよ。」「有難うございますわ、」可愛いと思ってしまった私。妻にはない可愛らしさ。「私パパを作るの初めてだからこの後どうすればいいか分からないの。」「私もだ。でも、こうやって食事して会話してくれればそれでいいよ。」「私も、メールで送った通りタダで食事できれば十分。それでよろしくお願いします。」妻には内緒で株もやっているのでたしょお金に余裕がある私。私は再び彼女と会う約束をして今日は解散しました。次に会う時はどこの店に行こうかと悩んでいる私がいました。
パパ活アプリ
スマホでパパ活
[メールボックス]

広告宣伝で副収入
アフィリエイトのスマプロ

雑談板フォロワ板
BBSRANK
SMART-HP