お金くれるパパ
愛人募集の投稿を掲示板でする際の注意点
「春ちゃん、私と付き合ってよ。そしたらお金くれるパパになるから。」「お金には困ってないから大丈夫よ。そんな事して奥さんにバレたら私まで殺されちゃうよ。」「残念だな。」キャバクラで働くと私のお金くれるパパになりたい人が何人もいます。だけど、もちろん断ります。だって私には好きな人がいるからです。その人は私の義理の兄。母が再婚した父親の息子。私は彼のことが好きだったけれど、そんな気持ちが言えず家を飛び出し今は夜の世界で働いています。

一人暮らしを始めて一年経つと義兄への気持ちは消えるかなと思いましたが義兄は私のことを気にかけてメールをくれたり、家に遊びにきたりとします。もちろん、家族は私が夜の世界で働いている事は知りません。だから、親には心配かけないようにしてるつもりが、義兄の優しさが辛かった。この話をいつも私のことを指名してくれるお客さんに相談しました。「そうか、だからお金くれるパパと付き合ったりしないのか、でも血は繋がっていないんだしその気持ち義兄に話してもいいんじゃないのかな。そして振られたら俺のところにおいで。いつでもお金くれるパパになってあげるから。」このお客の言葉に少し救われた気がしました。

後日、私は兄を家に呼び自分の気持ちを伝えました。すると、兄も同じ気持ちだと言ってくれました。「両親がどう思うか分からないけれど、俺はお前のことが一目会った時から好きだった。だから、もう逃げないでくれ。」私は義兄とキスをしました。
クリトリス調教
クリ拷問
[メールボックス]

スマートフォン広告
クリック保証型ADsee!

全国募集板
BBS|LINK|RANK
SMART-HP