F割
フェラを車内でする
 今でこそ、真面目な主婦って感じなんですけど、実は結婚前はいろいろやっていました。
お勤め先は、中小企業だったため、給料がとても安い。
だから一人暮らしの生活が、圧迫されて大変だったのです。
今の夫に出会う前は、会社での仕事の外に、アルバイトとしてF割をしていた時期がありました。
援交みたいに、本格的に肉体関係で、お金を稼ぐことには抵抗感がありました。
だけど、F割は私の口だけでできるもの。
時間も拘束されないし、短時間でそれなりのお金が儲けられる。
だから生活費を生み出すため、F割をしていたのです。

 給料は上がらないけれど、物価は上昇。
安いアパートに住んでいるけれど、家賃も高い。
仕事はハードなのに、少しも給料がアップしていかないし、この先どうやって生活していけばいいのか?
そんな不安は毎日のように私を襲っていました。
同僚の中には、円光やっている子もいたようですが、さすがに私にはそれはできないなって、さらに悩みを持ってしまっていたり。
そうしたら「口だけでも、5000円にはなるんだよ」って言われちゃって、それならって気持ちに。
「時間も短いから、回数を重ねられるから、結構良い収入になるんだよ、F割も」
援交している同僚に言われた時、心が揺れてしまったのでした。

 怖い気持ちと恥ずかしい気持ちはあったけれど、背に腹は代えられないので、出会い系に登録。
口だけの関係を匂わせたメッセージを投稿してみました。
男の人って、本当に口だけで我慢できるのかな?
そんな不安もあったのですが、メールが届けられるようになりました。

 最初の待ち合わせは、30代後半の方だったと思います。
「公衆トイレで、さくっと抜いてくれるかい?」
「はい、5000円で大丈夫ですか?」
「ああ、抜いてもらった後に支払うからね」
こうして待ち合わせになりました。

 オチンチンを大きくして、凄く興奮しているのが分りました。
手コキをしてあげて、夢中でフェラをしてあげると、彼の温かいザーメンが口の中に注ぎ込まれてきました。
相手の印象を良くするため、しっかり飲み込む。
そのまま掃除もしてあげました。
無事に5000円をもらって解散。
本当に、口だけでお金儲けができて、分かった瞬間から、口だけの関係を求め続けてしまっていました。

 今では収入の多い夫と結婚して、安泰な専業主婦を続けられています。
使用済み下着
使用済み下着
[メールボックス]

広告宣伝で副収入
アフィリエイトのスマプロ

BBSRANK
SMART-HP