ライブチャットガール
オナ指示
ライブチャットガールに恋したことなんて2度や3度ではない。そもそも惚れっぽい僕だ。それこそ、コンビニバイトのお姉さんや野球のウグイス嬢にも恋をする。
ただし、其れは一瞬の気持ちだ。そもそも、人との出会いは一期一会。1億人もいる日本人の中でその人と巡り合えるなんて宝くじが当たるような偶然だ。その一瞬の出会いを運命だと思ったら気持ちも瞬時に膨れ上がる。
ライブチャットガールは、僕がログインした時間にアクセスしている偶然、僕がたまたまその子を選んだ偶然、アクセス制限にかからずにパーティーに参加できる偶然、数多くの参加者から僕の言葉が拾われる偶然・・・そんな偶然が重なれば、それは運命だ。一気に恋心が芽生えることもあるだろう。そして、そう言う心を持ってライブチャットガールのライブオナニーを見れば興奮も格別だ。好きでたまらない女の子が放り出したおまんこにローターをあててアンアン言っているのだ。こんなに興奮することはない。だから、僕は自分の興奮を高めるためにライブチャットガールに恋をするのだ。
もちろん、僕の意向にそぐわないライブチャットガールもいる。特にサイトで人気がある子はアクセスも集中するし入れないことも多い。しかし、それさえも運命だ。仕方なく選んだ別の女の子との出会いこそが運命なのだ。そう思うと、蒲田行進曲で階段落ちしてきたような顔面の女の子でも偶然の巡り合わせと考えると、十分に恋愛対象となるのである。
瞬間的に恋心を抱くのは警戒心の強い人には難しいことかもしれない。しかし、女の子は警戒心もなく股を開いてくれているのだ。そのように考えると、きっとライブチャットガールも恋愛対象になるはずなのである。
もっとも、一期一会の精神を忘れて本気で好きになってしまって、ついついのめりこみそうになることもある。そうなると、そのライブチャットガールのもとに通い詰めることになるのだが、だいたい2度目3度目となると気持ちも薄れる。僕は熱しやすいが冷めやすい性質でもあるのだ。
センズリ鑑賞
チャットガール
[メールボックス]

広告宣伝で副収入
アフィリエイトのスマプロ

BBSRANK
SMART-HP