熟女にセンズリ
オナニー鑑賞をさせた女の子とオナニーの見せ合いになるAV
出会い系サイトを中心に女の子と遊びまくっている僕の友達に、熟女にセンズリを見せて興奮する奴がいる。
彼曰く、ちょっと生活臭漂うおなかの肉が緩んだ熟女に視姦されることが今のところ最大の興奮であるらしい。
セックスが嫌なのか?と聞くと、そんなことはないらしく年下の女の子とは普通に寝るそうだ。彼曰く、挿れることが性行為の全てではない。熟女にセンズリを見せることもセックスのカテゴリに入るものだと力説する。
加齢により体は衰えていき、セックスの感度も鈍くなっていく。セックスをするなら断然20代前後の女の子に限ると言う。ガバガバビラビラ脱肛気味の熟女には、その点の魅力はない。熟女に挿入したいと言うのはよほどのマニアだ。
ただ、熟女にセンズリを見せるのはいいとして、どうやってそんな魅力ない肉体を前に勃起をするのだ?と聞いてみたところ、熟女に見られていると言うだけで難なくエレクトするらしい。それは、そんな熟女が若い子に勝る点が一つだけあって、それは目力だと言うのだ。いろんなものを見続けてきた人生の酸いも甘いもかみ分けた熟女の目力と言うものは、最大の性器らしい。センズリを見せることで、おそらく熟女の経験値はいろんなものと比較していく。「あの人よりも大きい」とか「皮オナなんてかわいいものね」とか、自分のセンズリが熟女の様々な記憶を呼び起こしていき、それが目力となった自分に突き刺さってくる。それがたまらないらしく、物珍しく見ているだけの若い女の子にはない武器であるそうだ。
相互オナニーとかそういうものではない。あくまでも、熟女の目力をおかずにする単独オナニーなのだ。そして、それは熟女も同様らしく、センズリ鑑賞することで、発達したエロ脳が性的興奮を呼び起こして、彼がイッた後は熟女も濡れ濡れになっているらしい。そこからはサービスとして、熟女と熱く交わってやるとのことだ。
あくまでも僕の友達の話である。変わった性癖としか言いようがないと思ったのだが、何時しか僕は出会い系サイトで女性を見繕いながら、年齢欄の40代ばかり目に付くようになってしまっていた。
クリトリス責め
舐め犬募集
[メールボックス]

広告宣伝で副収入
アフィリエイトのスマプロ

BBSRANK
SMART-HP