電話エッチ
「君の声って可愛いよね。電話エッチとかしたら俺声を聞いただけで興奮しちゃうかも。今度電話エッチでもしてみる。」マジ、酔っ払いの親父は嫌だなと思ってしまいます。私は小さい頃から声にコンプレックスがありました。この声で男子にからかわれたりもしました。だけど、この声を生かして声優になりたいと思い今は養成所に通っています。両親にお金を借りながら、少しでも自分のことは自分で生活できるようにと週2のペースでキャバクラで働いていました。この声でお客さんからからかわれたりもしますが、指名もよくされるので良かったかなと思っています。最近指名してくれるお客さんは私と同じ20代の男性。
チャットエッチのやり方を教わり新型コロナの乗り越え方を学びました
若いのに一人で会社を作ったり、夢の話や、休みの話など話も面白く、人脈も広いため私が声優の勉強をしているというと「知り合いに声優の人がいるよ。今度合わせてあげようか。きっと勉強になると思うし。」彼の優しさが嬉しかった。
私はだんだん声優より彼に夢中になっていきました。少しでも彼に喜ばれたい。少しでも彼と一緒にいたい。そのせいか授業でも身が入らず先生からもやる気があるのかと言われてしまいました。
そんなある日、彼から「知り合いの声優が君に会ってくれるみたい。」嬉しかった。そして、店以外で彼に会いました。昼に会う彼もかっこよかった。そして、知り合いの男性を紹介してもらいました。そこそこアニメの世界に出ている人だったので色んな知り合いがいて驚いてしまいました。だけど、私はその男性より今彼と一緒の方が嬉しいです。
アダルトVOD
アダルトVR動画
[メールボックス]

スマートフォン広告
クリック保証型ADsee!

BBSRANK
SMART-HP