貢いでもらう
見た目が地味で暗い女のサクラ。大学では同じクラスです。あまり話したことはないけれど、彼女がピアノを弾く姿に俺は心を奪われてしまいました。彼女は確かに地味で暗いけれど、友達には優しくて、ドジだけど見捨てられない。だから俺はサクラに積極的に話しかけたり、デートに誘ったりと親しい関係になっていきました。しかし、未だ告白をしても「もう少し考えさせて。」と、言われて付き合ってはくれませんでした。それでも俺は諦めませんでした。彼女があまりにも地味なので俺はプレゼントを送り気を引かせようともしました。俺の家は税理士関係の仕事。俺もそれを目指しているのでお金も他よりは多少余裕があります。だけど、彼女にプレゼントを送ると「貢いでもらうつもりもないし、うちそこまで貧乏じゃないからプレゼント送らなくていいよ。」と、怒られてしまいました。貢いでもらうなんて思ったこともなかった。サクラは俺の事を男として見ていないのかなと思ってしまいました。
貢いでくれる人
ところが、ある日サクラが俺の欲しかった本を持っていると言うのでサクラの家まで借りに行くと驚きました。家が凄い。本当にここは日本なのかと思ってしまうくらいの作り。「うちにお金があるって知られると周りも私に対しての扱いが変わるから地味に生活して目立たないように暮らしているの。」その言葉に俺は今までの行動が恥ずかしくなったけれど、好きと言う気持ちが変わらなく再度告白をしました。彼女はお金持ちと知らないで私のことを好きと言ってくれた俺にようやく付き合っていいよと言ってくれました。
セックスフレンドの作り方
セフレを作る
[メールボックス]

広告宣伝で副収入
アフィリエイトのスマプロ

BBSRANK
SMART-HP