ここでは、軽自動車の車庫証明について記載します。

ほとんど普通自動車と変わりません

車庫証明の取得に必要な書類など


1.『自動車保管場所証明申請書』

2.『保管場所標章交付申請書』

3.『自認書』または『保管場所使用承諾書』

4.『保管場所の所在図・配置図』

『自認書』とは、自分の所有している土地や
家族が所有している時に書く書類です。
『保管場所使用承諾書』は書かなくて良いです。

『保管場所使用承諾書』とは、借りている土地など
自分の所有や家族の所有ではない場合に記入します。



書類は近くの警察署へ行けば書類をもらえます。

提出時に手数料が約500円だったと思います。

書類を貰うときに確認してみてください。

軽自動車の車庫証明にかんして
人口10万人以上の都市であれば新車・中古に限らず
車庫証明は必要となります。

普通車の場合であれば登録(車検証発行・変更時)に
車庫証明の提出が必須となりますが
軽自動車の場合は“登録した後に届出しなさい”と
言う決まりになっています。

厳密には軽自動車の場合は車庫証明ではなく
保管場所届出と呼ばれます。








top



広告宣伝で副収入
アフィリエイトのスマプロ

BBSRANK
SMART-HP