外国で知り合った40代イギリス人熟女との愛人エピソード


俺は今29歳で、ニュージーランドに住んで3年ほどになる。

以前こちらの風俗関係の新聞で見つけた45歳イギリス人女性(個人営業のエスコート)と定期的に会っていた事がある。

これがなかなかの美人で、知的な雰囲気を持ち、本物のブロンドの髪と高い鼻が印象的だった。

体はスリムだが、胸とヒップは豊かに盛り上がり、女の色気を発散させていた。

訳あって数年前からこの仕事を始めたそうで、会うのはいつも彼女のフラット(アパート)だった。

お互いなか気が合い、何回か通っているうちに、だんだんビジネスではなく、本当の熟女と年下の愛人みたいな関係になっていった。

俺とやっている時、彼女は演技ではなく本気で感じていたようで、何度か本当にイッた事さえあった。

1番印象に残っているのは、彼女がセミロングの髪を後ろでアップにし、きっちりしたスーツを着て、キャリアウーマンのような格好をしてた時、その服を着せたままやった事だ。

まるで自分の先生か上司を犯しているような気分だった。

ある日の昼下がり、静かな部屋の中で、俺と彼女は立ったままお互いの腕を腰に回して抱き合い、唇を合わせ、舌を絡ませた。

熱い抱擁の後、彼女はジャケットを脱いでテーブルの上に置いた。

俺が彼女を部屋の壁に押し付けるように立たせ、ブラウスのボンを外し、ブラジャーをずらして、乳首を優しく舐めてやると、彼女は俺の頭をしっかりと抱きしめて、吐息を漏らした。

立ったまま短かいスカートの中に手を入れ、パンティの上から彼女のあそこを撫でると、すでに熱く、グッショリと濡れていた。

そして乳房とアソコを指と舌でたっぷり愛撫してから、スカートをたくし上げ、彼女をテーブルに座らせると、俺ズボンとパンツを下ろし、立ったまま彼女の体の中に入り込んだ。

「ハア、ハア、ハア…あっ、あああ…」

俺がペ○スを抜き差しする度に、彼女の息遣いはだんだん激しくなり、それはやがて艶やかな喘ぎ声に変わった。

彼女は2本の脚を俺の腰に絡ませ、俺の背中に爪を立て、俺にしがみつきながら喘ぎ続けた。

しばらくして彼女は俺の頭に腕を回し、息乱しながら、

「お願い、やめないで」

と哀願する彼女を再び立たせると、今度は鏡台に手をつかせた。

そしてスカートを捲り上げ、剥き出しになった形のいいヒップを手で撫で回し、その感触をしばらく楽しんだ後、おもむろに背後から挿入した。

俺がペ○スを奥まで入れると、彼女は体を震わせ、溜め息をついた。

それから両手を彼女の腰に当て突き上げたり、挿入したまま、ボタンを外したブラウスの間から露出しているたわわな乳房を、両手を前に回して揉みしだいたり…彼女は激しく喘ぎながら、自分の方からもしきりにヒップを突き出して俺を求めてきた。

アソコから流れ出た愛液のため、お互いの太ももの辺りが濡れているのが分かった。

「あああ…いっ、いいわ、いい…もっと、もっと…あっ、あああ!」

美しく成熟した知的なキャリアウーマン風の白人の40女が、スカートを捲り上げられ、ブラウスのボタンも外された露わな姿で、顔を紅潮させ、乱れた髪と、剥き出しになった大きな乳房を揺らしながら、遥かに年下で肌の色も違う俺に、後ろからハメられて、よがりまくっている。

俺のペ○スが背後から体に入り込む度に、彼女は恥じらいも忘れ、生々しい喜悦声を上げ、止めどない快感に体を震わせている。

その狂おしい様が鏡越しにこちらにもハッキリと見えるので、興奮度は嫌でも高まる。

「パン、パン、パン」

と俺が緩急を付けて腰を振り、背後から女の秘部を突き上げる音と、熟女の艶やかで淫らな喘ぎ声が部屋の中で交錯していた。

欲情の赴くまま、額や背中に汗を浮かべながら、俺と彼女は熱く、深、そして激しく交わった。

俺がペ○スを差し込み、さらに腰を回すように動かすと、彼女はもうよくてよくて堪らないのか、

「あっ、ああ…いっ、いい…ああっ、イク!イクう…」

と上半身を仰け反らして悶えながら、喉を震わせ、よがり泣いた。

彼女はもはや俺のなすがままに、性の快楽に溺れていた。

成熟した経験豊富な年上の白人女を、自分ので征服する、男としての喜びに俺は酔いしれていた。

最後のものを求めて、俺は猥らにスカートが捲り上がった彼女の腰を両手でしっかりと掴み、力強く自分の腰を振り、グショグショに濡れた女の秘部に、いきり立ったペ○スを背後から突き立てていった。

俺にいいようにハメられ、体を前後に揺すりながら、もう声もなく、ただ唇を噛み締め、切なそうな表情をかべて悶える彼女の姿が鏡の中に見えた。

やがて、鋭い歓喜の叫びを発して、彼女はイッた。

あそこがギュッと引き締まり、体が小刻みに痙攣しているのが分かった。

生暖かい愛液がドクドクと太ももの辺りまで流れ出している。

彼女は俺の元で、ついに歓喜の絶頂に達したのだった。

その直後に、俺も耐え切れなくなり、彼女の中で思いっきり射精した(もちろんコンドームをつけていたが)。

俺が彼女の腰に当てていた手を離し、ペ○スを引き抜くと、彼女は全身の力が抜けたかのように、膝から床に倒れ込み、スカートもブラウスも乱れたまま横たわり、

「ハア、ハア、ハア…」

と息も荒く体を震わせ、絶頂感の余韻に浸っているようだった。

関連記事[小説]入院患者の女の子に手マンしたエッチな体験談エピソード
[小説]銭湯の掃除担当の20代女性従業員に手コキされた若い男のエロ体験
[小説]30歳童貞の初の性感エステ体験談
[小説]SNSで知り合たOL女の子とのエッチな体験談
[小説]予備校で働いている人妻との不倫体験談
[小説]おっぱぶに在籍してた女の子のフェラのテクニックが凄かった体験談
[小説]妻が裸を見られても気にしない性格なのが悩みのエピソー
[小説]レイプ感覚でSEXしないと感じない人妻とのエッチ体験談
[小説]複数の男友達に輪姦されたエッチ体験談
[小説]人生で3回ぐらい痴女の逆痴漢にあったお話

ランキング携帯【アイフォン】官能小説ランキング

掲示板モバイル官能小説掲示板

検索官能小説検索/リンク 官能小説のらんらん

リンクアダルト相互リンク アダルトらんらん


[PR]スマートフォン広告

ゲーム友達
BBS|LINK|RANK
SMART-HP