太パパ
パパ活
私は43歳、56歳、64歳のパパがいます。出会ったのは某パーティ会場でした。コンパニオンの仕事をしていたためパパを見つけるのも簡単でした。3人とも、タクシー代をくれるし、美味しいご飯も食べさせてくれるし、欲しい物も買ってくれるし本当に素敵なパパです。そんなパパ達のおかげで私は今コンパニオンの仕事を辞めてのんびり生活をしています。

しかし、そんな3人の中でも1番の太パパが56歳のパパ。どんなところが太パパがというと、海外に連れて行くのも当たり前で私が誕生日の時はマンションをプレゼントしてくれました。そんな太パパにはもちろん私自身も会うたび気をつけているところがあります。それは嫌われないように常にパパの前では笑顔。愚痴もこぼさなければ、パパの話をちゃんと聞く。
仕事の話や経済の話をよく話してくるので、意味不明な回答をしないよう毎日の新聞やニュースや勉強はしています。コンパニオンの仕事を辞めてのんびり生活はしているけれど、一般常識の勉強はするようになりました。そのお陰で太パパは「若いのによく知っているね。感心、感心。」と、褒めてくれてご褒美のプレゼントをもらったりしています。

他のパパは、もう少し気軽に会えるのでリフレッシュにもなっています。そのためか、私には3人のパパが必要です。そして、今日は私の誕生日。本当は3人に会いたいけれど、時間的にそれは出来ないので私は太パパだけ会いました。パパをからは数百万の時計をプレゼントしてくれました。「ありがとうパパ。本当に嬉しい。」満面の笑みで喜ぶ私でした。
パパ募集
愛人契約
[メールボックス]

[PR]
スマートフォン広告Adsee

全国募集板
BBS|LINK|RANK
SMART-HP