[PR]最強のネット収入マル秘技

治験バイトで楽して稼ぐ



噂の高額治験バイトで楽して稼ぐコツと、スマホで応募できるおすすめ治験募集サイト


『治験バイト』というものをご存知ですか?

聞いたことはあるという方や、全く知らない方にさまざまだと思います。

数あるスマホ副業の中でも、報酬が高額だと言われる治験バイト。

巷でもまとまったお金が必要なときは治験をやるのが一番とも言われます。

中には興味はあるものの、

・どんな事するのか?
・副作用やリスクはあるのか?
・高額な報酬が、逆に不安だ。


という感じで、なんとなく不安で躊躇している方も多いかと思います。

そこでここでは、おすすめの治験サイトや治験バイトに関する基礎知識などをご紹介していきますね。

治験バイトは以下に当てはまる方にはオススメ
(シンプル診断)
・病院の雰囲気が気にならない
・ヒマを潰すのが得意
・できるかぎり楽をして稼ぎたい
・長期間予定を空けることができる
逆にこのような方には向いていません
・注射されるのが嫌い(血液検査)
・ヒマを潰すのが苦手
・常にタバコや酒を我慢できない
・予定を空けることができない



そもそも治験ってなに?



治験とは新薬やジェネリック医薬品の効果や副作用を実証するための検査です。治験バイトは実際にその薬の効果を試す被験者となることです。治験は、新薬が厚生労働省に認可されるための最終的な臨床試験となります。製薬会社が新薬を開発して商品化するには、厚生労働省から「この薬は安全です」という認可を受ける必要があります。その認可を得るための臨床実験を行います。実施にあたり、国は厳しいルールを定めていますので基本的には安全ですが拘束時間の長さとまだ認可されていない薬などを試すため万が一の副作用のリスクを含むことから高収入が得られるので裏副業としても知られていました。最近ではネットのおかげでかなり有名になってきましたね。

あまり表に出てこないので、ガラケー時代には都市伝説の1つとして「裏バイト」とも言われ噂されていましたよね。

新薬は理論上効果があると言っても、実際に人間に使用してみないことには効果のほどはわかりません。そのため、「人体に悪影響が無く効能が期待できる」ことを証明するため、治験バイトを募集して試験を行うのです。つまりは一切違法なものではなく国も企業も正式に認めているお仕事なのですね。

治験がなければ新薬が認可されません。新薬が認可されなければ医学の発展が止まってしまいます。

すなわち、わたしたちが目にしている薬はすべて、治験という重要なステップを経てみんなの元に届いているわけですね。つまり治験バイトは大事な役割であり人のためになるバイトなのです。

ちなみに、治験は「労働」ではなく、正確に言えば「有償ボランティア」になります。一般的には「治験バイト」として広まっていますけど。あくまで新薬の被験者になったお礼として報酬を受け取るというスタンスなので「働いている」わけではないのですね。

よく出る用語の説明
・参加する私達=被験者(治験参加者)
・報酬=負担軽減費(治験の協力費)



治験バイト報酬の相場



では具体的に治験バイトでいくら稼げるのかが気になりますよね。

通院タイプは1日あたり1万円〜2万円。

入院タイプは1週間の入院で10万円ほどです。


これはあくまで平均的なもので案件によりけりです。

中には1日3万円クラスの案件もあり破格です。

長期タイプだと30〜50万円以上になることもあります。

案件によって違うので確認してみましょう。どちらにせよ高額報酬には変わりありません。

また、報酬は『協力費』にあたるため税金はかかりませんよ。

報酬は検査の都度、渡される場合もありますが、基本的には最終日に直接手渡しでもらえます。または銀行振り込みの場合があります。

こちらが登録費用などと金銭を支払うことは一切ありませんので、そういった詐欺情報にはご注意下さい。完全無料かつ交通費(事前費用)支給で高度な健康診断も受診できて至れり尽くせりです。人気であるのも納得ですね。



治験バイト募集サイト



次に募集サイトの特徴についてみていきましょう。先にも述べた通り治験は全く怪しい仕事ではありませんが、一般的な求人誌には載っていません。治験バイトの事務スタッフのような募集は見かけますが、治験バイト自体の募集は見当たりません。

治験バイトをしてみたい方は、下記のような公式治験サイトから応募して参加することになります。

治験サイトは全国の治験情報を集めてまとめたサイトのことで、例えるなら治験の求人サイトのようなものです。アルバイト求人会社もタウンワークやフロムエーなど多数あるのと同じですね。

ここでは管理人が実際に登録している治験情報サイトを紹介していきます。

大手の有名な治験募集サイトはほとんど網羅しています。基本的なことは同じですが、各サイト見比べて自分に合う条件の案件があれば下記から応募してみましょう。

これは注意点なのですが、 最近はtwitter上などで治験を募集している話もあり、中には登録費用を請求するなど悪質なサイトもあります。先にも記した通り治験では協力者に金銭を請求する事は絶対にありません。もちろん登録・年会費など不要、全て無料です。

SNS上の情報などに惑わされず必ず公式サイトを通して応募しましょう。


また、治験バイトは高待遇・高単価の案件ほど倍率が高くなっています。人気案件はあっという間に埋まってしまいます。その為、複数のサイトに登録しておくのがベター。

「A社には掲載がないが、B社には掲載がある案件」が結構あります。各サイトを並行利用して案件を追う事が、『ストレスなく高額報酬』への一番の近道になります。自分に出来そうな案件には素早く応募したいですね。


『まだ参加するか迷っている』


このような方も登録だけしておくことをおすすします。

最初の登録をしておけば、自分に合った案件や報酬面の情報が自分で探す以外に向こうから案件メールが送られてきます。

参加したい案件があれば、そのメールに申し込むだけなのでかなり楽です。

もし、その後に無理そうでも後から断ることも可能ですし、人気のある案件はキャンセル待ちをしている人も多くいますのでご心配なく。いつでも自分の意思で中断も可能です。しかも特に理由も必要ではありません。辞めることができます。これは治験バイトをする人の権利としてしっかり保証されています。しかし、最低限のマナーとして基本的には約束通りに行動しましょう。

先ほども書いたとおり無料登録さえしておけばいつでも応募できます。また、実際に掲載されている案件の詳細を覗いて確認ができるようになるので、とりあえず先に面倒な登録を済ませておきましょう。会員登録したからといって即座に行かないといけないというわけではありませんから安心して下さいね。


JCVN(医学ボランティア会)



業界大手の治験サイトで10年以上の実績を誇ります。登録必須サイトの一つですね。医学ボランティア会のJCVN(ジャパン・クリニカル・ボランティア・ネットワーク)は、2006年に設立された治験バイト募集サイトです。対象地域が全国で案件掲載数が多いです。運営歴も長く信頼でき治験が初めてで不安な人にもおすすめです。また、高額案件や快適な治験も見つかります。

▼無料登録はこちらから
JCVN治験ボランティア



CVS(クリニカルボランティアサポート)



CVS(クリニカルボランティアサポート)は、MAXメディカルが運営する治験バイト募集サイトです。他の治験モニター募集会社に比べると、比較的新しいサイトといえます。基本的に、治験バイトの応募条件は20歳以上ですが、CVSでは保護者の同意があれば未成年でも参加できる案件もあります。
また、ジェネリック医薬品の試験が多めであるため安心感があります。たまに急募の案件があり、報酬がより高額になる時もあるので要チェックです。

▼無料登録はこちらから
CVS治験ボランティア


V-NET(医学ボランティアネットワーク)



V-NET(医学ボランティアネットワーク)は、2007年から運営の老舗治験募集サイトです。募集している地域も広めなのでオススメ。公式サイトの使い勝手が良く、実際に電話してみましたがアドバイス等もしてくれて対応は素晴らしかったです。

▼無料登録はこちらから
V-NET治験ボランティア


インクロムボランティアセンター



インクロムボランティアセンターは、1983年スタートの大手の治験バイト募集サイトです。

インクロムの特徴は『関西』を中心に治験が多いことです。関西エリアの方は登録必須サイトです。また入院治験も多く、糖尿病に関連した案件が多数なので糖尿病の方、もしくは「糖尿病ではないか?」と心配な方は要チェックです。

▼無料登録はこちらから
インクロム治験ボランティア



ニューイング



ニューイングは、2001年に発足してから治験の普及に取り組んできたNPO法人(特定非営利活動法人)です。

東京都八王子市に拠点があり、製薬・医療業界でのネットワークを活かし、信頼できる治験情報を紹介してくれています。また、ニューイングは国際認証を得ている治験情報機関ですので安心できます。

▼無料登録はこちらから
ニューイング治験ボランティア


シスモール



コーメディカルクラブボランティア会のシスモールは比較的新しいサイトですが、医薬品を使った治験に健康食品のモニター、週末入院といった幅広いタイプの募集を行っていて高額な案件も多数あるので穴場的なサイトとしても登録しておきたいですね。

▼無料登録はこちらから
シスモール治験ボランティア


ぺいるーと



口唇ヘルペスで悩んでいる人はチェック!再発を繰り返すので厄介なヘルペス。通院となると病院へいくたびに治療費がかかります。そんなときは北海道に拠点がある株式会社エディハスのぺいるーと治験を利用してみましょう。他にも様々な案件が増えてきています。

▼無料登録はこちらから
ぺいるーと治験ボランティア


オススメの治験案件




男性型脱毛症(AGA)治療薬治験



薄毛でお悩みの方に朗報です!最新のAGA治療薬を試すチャンス!
▼詳細はこちらから
最新のAGA治療薬


喘息の治療薬治験



辛い喘息。無料の治療薬の治験に参加してみませんか?
▼詳細はこちらから
喘息の治療薬



実際に参加した人の体験談



裏の世界に感じられる治験ですが、実際に参加した人の体験談を知ることで、より身近に感じられるかもしれません。治験体験者のコメントを少しご紹介します。


・病院から三食のご飯にお茶、服も支給されベッドもお風呂も利用し放題なので、お金を使うことは全くありません。基本的には外出は禁止でしたが暇潰しにテレビもマンガ本なども大量にあって漫喫さながらでした。それに、検査が終われば口座に18万もの大金が3日以内に振り込まれていて今思うと本当に最高の1週間でした。(男性/20代/フリーター)
・健康な人の入院治験に参加しました。入院というと暗いイメージでしたが、健康な人ばかりなので合宿しているような感じで楽しく過ごすことが出来ました。食事もおいしく、入浴は大浴場でゆっくり出来ました。最初の不安が嘘みたいに帰るころには一緒に参加された方やスタッフの方と仲良くなって別れが寂しかったです。社会貢献できて、しかもお小遣いも貰えてよかったです。(女性/20代/会社員)
・新薬の治験です。ベッドが並んでいる病室で2泊3日の入院です。粉を水で飲み込むだけでした。新薬の無害なことの説明を30分ほど聞きました。トイレ以外はずっとベッドで横になっていました。血液検査がちょっと面倒くらいであとは楽でした。その後の身体も異常はありません。(女性/40代/主婦)
・私が参加したもののひとつで、週末3泊4日の治験というものがありました。謝礼金が8万円。週末で金曜日に休日をとれば参加できました。ただ誰でも参加できるわけではなくて、事前健康診断を受ける必要がありました。健康診断は血液検査に大きく影響するので、「軽めの食事にしてください」という指示をうけました。(男性/30代/会社員)
・ネットで治験を知り糖尿病の治験に参加しました。不安だらけでしたが、様々なサポートを無料で受けられて有り難かったです。他の治験にもチャレンジしたいですね。役に立てた充実感もあり、満足です。特に身体への悪影響はないようです。(男性/40代/自営業)


いかがでしたか?やはり最初は皆さん不安が付きまとうようですが、実際に体験してみると満足されているようですね。


治験バイト詳細・コツ



治験バイトには大きく分けて、「通院するタイプ」と、「入院するタイプ」の2つがあり、どちらも薬やサプリメントなどを服用するのが基本で、薬を服用した後の体調の変化を検査するのが一般的です。案件によっても変わりますが、ほとんどの検査で採血を行います。


それぞれどのような流れになるのかを確認しておきましょう。


通院タイプの特徴


通院タイプは、指定された日に病院へ出向き、そこで新薬を試して効能を確認するタイプです。

期間は日帰りで終わるものもあれば、1カ月以上に渡って通院する場合もあります。

通院だと、家と病院の往復なので自分の生活スタイルをある程度保ちながら参加できますね。

通院の場合、サプリや美容/コスメの案件が多いです。


入院タイプの特徴


入院タイプは期間は短いもので1泊2日から、長いものだと1カ月以上に渡って入院する場合もあります。

入院タイプでは、起床・就寝時間や食事の時間・食事内容等がすべて決められており、規則的な生活を送ることが求められます。また1日の中で定期的な検査が何回か実施されますが、それ以外の時間は外出・喫煙・飲酒などを除けば、何をしていてもOK(読書等)という自由時間が多いです。


徹底的に稼ぐなら


治験バイトはどれも高額ですが、どうせなら、より稼げる治験バイトに応募したいですよね。

報酬に関しては、「入院タイプ」の方が「通院タイプ」よりも高くなっています。

より稼ぎたいのなら、とにかく期間の長い案件がいいです。拘束時間が長いとその分報酬も高額になりますからね。まとまった金額が欲しいならば長期入院案件がオススメです。案件によっては50万円以上の破格報酬も夢ではありません。

ただし、長期入院をするためにもスケジュール管理が必要になります。しっかりと自己スケジュールを空けれるよう、そして暇潰し対策を工夫しましょう。


入院中にスマホで他の副業もする


プラスαで稼ぎたいのなら、入院中にパソコンやスマホで他の副業を行うといいですね。

入院中は採血などの検査が済むとすることが無く、人によってはかなりの暇との戦いになることもあります。その時間にWEBライターやアンケートといった別の副業も行うことができるのです。

ゲームアプリなどで時間潰しも良いのですが、治験利用中くらいは本気で稼ぎに集中してみる、ってのもいいかもしれませんね。
ゲームはいつでも出来ますから。

稼ぐならモッピー!(こちらの下記に詳細)


★おすすめ
本当に稼げる【収入情報局】

ただ、案件によってはスマホやパソコンの持ち込みが禁止されている事もあります。販売前の新薬を扱う場合もあるため、情報漏洩などの理由から禁止することもあるのですね。

その場合は睡眠、テレビや読書、同じ治験バイトの方と雑談をして過ごしましょう。スマホで副業をする場合は、後で問題にならないよう事前にネット可能か確認しておいた方が良いですね。



もし身体に影響が出た場合は?



基本的に被験者の健康にはかなり気を使ってくれています。治験当日に副作用が生じたら、その場で治験を中止し処置が行われますが、後日身体に影響がみられた場合でも、手厚い対応を受けられます。基本的には製薬会社から保証が出ることになっており、金銭的な心配をする必要はありません。また入院が必要な場合でも、医療手当や休業補償金が給付されます。



治験バイトの際の注意点



治験バイトは、簡単で報酬が高いというメリットがありますが、同時にデメリットも少なからず存在します。応募した後に後悔しないためにも、先に注意点を知っておきましょう。


さまざまな制限


普段の当たり前の活動が制限される可能性があります。(運動や食事制限、禁煙、アルコール禁止など)それがどうしても我慢できないという場合は諦めましょう。


拘束時間


入院や通院をすることでその間は時間が拘束されます。大事な予定がないか確認して応募しましょう。

身体的リスク


治験は仮にも検査という任務なので軽い症状だと体調不良やめまいなどのリスクもあります。

相性が悪いと嘔吐やアレルギー症状などが生じることもあります。少なからず、採血や薬物投与による副作用のリスクもあるということは頭の片隅に入れておきましょう。


複数回の採血


治験バイトでは、服用や使用した薬物によって影響が出るかを確認するため、よく採血を行います。

採血の頻度は治験の案件によって異なりますが、多いと日に何度か注射をする案件もあります。

何度も採血をすることで、腕に採血跡が残ってしまう人もいます。この採血跡は、数日から長くとも数週間もすれば消えますのでご心配なく。



長期間入院時に持っていくリスト



長期間型治験に参加する場合、あったほうがイイモのをまとめました。

『持っていけばよかった!』と後悔しない為にもご参考にしてみて下さいね。


・印鑑と身分証明書
・歯ブラシ・歯磨き粉
・イヤホン
・パソコンやタブレット
・ミュージックプレイヤー
・PSPなどのゲーム機
・WiFi ルーター
・勉強本など
・充電器・延長コード
・衣服・下着類


印鑑(報酬受取用)や身分証は入院する時や、退院時に必要になりますしもちろん必須です。

それ以外のものは不思議かもしれませんが見てもわかるとおり長期間治験の場合はとにかく『暇』です。いかに暇潰しアイテムを活用するかが大事になってきます。

ネットをする方はスマホはもちろんパソコンも持っていきたいですね。Wi-Fi は入院施設にある事が多いですが、一応ポケットWi-Fiなどがあれば持ち込みたいですね。延長コードは病室のベッドの位置によってはコンセントが遠くにある場合もあります。そのような場合に意外と役立ちますよ。

イヤホンは耳栓代わりにもなります。因みに食べものや飲みもの、タバコは持ち込み不可です。院内着もあり、洗濯などもできます。

最低限の日用品は病院にありますのでご安心下さいね。不安でいろいろ持って行きたい気持ちはわかりますが、あまり必要ないものや大量の着替えなどを用意しすぎると荷物がかさばって苦労してしまうので極力最低限の荷物にしておきましょう。


治 験 バ イ ト ま と め



・怪しい噂は誤解

・社会の為に役立つ任務

・まとまった報酬が手に入る

・無料で健康診断が受けられる

・難しい作業は無い




治験バイトのメリット
・ 高額報酬
リスクはあるにしろ比較的簡単に高額報酬を受け取れることは最大の魅力です。

・ 無償の健康診断
治験バイトでは採血や身体測定などが行われます。すなわち無料の健康診断としても活用することができます

・ 栄養満点の食事を食べられる
入院するタイプの治験では、しっかり栄養管理された食事が3食しっかり出されます。

・ やる内容が簡単単純
基本的には検査を受けたり、薬や健康食品を服用する単純作業だけですので、被験者バイトが難しい作業をする必要はありません。
治験バイトのデメリット
・ 副作用の危険性
厚生労働省の徹底された安全ガイドで安心できるといっても副作用のリスクが絶対に存在しないわけではありません。もし副作用が見られた場合には、すぐに治験が中止され、医療スタッフによる処置が施されます。

・ 採血がほぼ毎日ある
治験では基本的に採血が行われます。採血が苦手な方にはきついかもしれません。

・ 入院中の行動制限
案件にもよりますが入院すると、日常生活での行動は一定の制限があります。禁酒禁煙など。

・ 平日に実施される場合が多い
治験バイトの多くは平日に実施されます。そのため、普段お仕事をされている方にとっては参加が難しくなる可能性が高いです。
ただし、治験によっては土日祝日に行われることもあります。
普段、学業などの用事のある方は通院するタイプ、比較的長期に時間が取れる方は入院するタイプを選ぶと良いでしょう。




いかがでしたか?

制限やリスクはあるものの、簡単で健康チェックも出来てさらにお金を頂けるという、しかも、社会貢献に繋がっている治験バイト。

これ以上ないほどの厚待遇バイト(ボランティア)は治験だけでしょう。

共通して行われる採血が作業が大変といえば大変ですが、言ってしまえばほんのたったそれをするだけの話です。

仕事に出勤して、あくせく働くことを思えば、肉体的にも精神的にもケタ違いにイージーモードなのが理解して頂けたのではないでしょうか。

そして何度も述べている『暇との戦い』

採血などの時以外はほぼ自由な時間になります。

これはデメリットに見えますが、冷静に考えてみたらメリットとも言えます。

治験は時給制ではないので暇な間もお金が発生しています。学生さんならば勉強し放題です。

ネットで稼ぎたい方は集中して稼ぎに没頭できます。

まさに一石二鳥状態ですね。

この機会に『高額バイト治験』にチャレンジしてみてはいかがでしょうか?



管理人の治験サイトおすすめランキング

No.1 JCVN治験ボランティア

No.2 V-NET治験ボランティア

No.3 ニューイング治験ボランティア

個人的なランキングです。とりあえずはこの案件数、会員数の巨大なトップ3に登録しておけば大丈夫ですね。他も悪いわけではないのですがランキングにするとこうなります。あとは各々が地域や条件で一致すればサブとして使う感じですね。



余談ですが、下のサイトは管理人も利用している『短期・長期・日雇い・即日・日払い』などに適したバイト専門サイトで使い勝手が良くておすすめです。何気に重宝するので良かったら覗いてみて下さいね。



T O P へ 戻 る

広告宣伝で副収入
アフィリエイトのスマプロ

BBSRANK
SMART-HP