出会い 近所
出会い系サイトを利用していて、もういい加減使うのをやめようと考えることがあるけれど、女性と出会い、エッチできたときのスリルと喜びを感じると、また新しい女性を求めてしまうことになる。

エッチのパターンは女性のタイプによって変わってくるが、基本的に前戯に時間を割くことを自分に義務づけている。女性のなかには早く中に入ることを望んでくる人もいるから、それに従うこともあるが、長くもたせるのが辛くなるので、できるだけ入るまでに、女性に一定のカタルシスをもたせてしまいたいのだ。それに年齢が高くなるにつれて、中に入ることよりも、あそこを延々と舐めているほうが向いているのではないかと思うようになった。それだけ僕のあれは上手いと言われるのだ。
変な話で恐縮だが、女性のあそこは実にさまざまであり、かたちも人によって驚くほど違う。まあ、それを眺めてよろこんだりはしないけれど、舌で触れた感触を楽しむという部分はあって、実際飽きることはない。

あそこを刺激する場合、基本はできるだけ圧迫しないで、優しく触れ続けることが大事だと思うが、ある程度相手が感じはじめたら、タイミングを見て強く圧迫してみる。でも繰り返すようだが、優しくタッチするという基本は崩してはいけない。そういう一定のパターンを守るように愛撫することをを自分に課していくほうが逆に飽きない。
そうして優しく攻め続けることができれば、かなりエッチなことも女性は自然に受け入れてくれるようになる。自慢のように聞こえるかもしれないけれど、僕とエッチした女性は、その後もかならず会ってくれる。僕はそれこそまあまあのおじさんだし、見た目だってごく普通だと思っている。つまり普通なら、二度目はないという立場に甘んじるべき男なのだ。それでもほとんどの女性が、また会いたがってくれるのは、僕のセックスのやり方にあると思っている。
近所 人妻 セックス
主婦 不倫 体験談
[メールボックス]

[PR]
スマートフォン広告Adsee

全国募集板
BBS|LINK|RANK
SMART-HP