お金がない時はどうする
 お金がない時はどうする?、それはただ我慢一筋だと考えてきました。
私は高校卒業して、現在の会社で仕事するようになっています。
現在23歳。
職場で知り合った、25歳の同僚と結婚をして同棲生活を始めました。
職場自体が小さな会社ですから、2人の給料はとても安いのです。
それでも2人で生活するのは、何とかなるかな?ぐらい。
決して豊かではない。
もちろん、ゆとりもない。
でも今のところ、幸せは掴んだ感じがします。
だけど金銭的には、やっぱり少しは余裕が欲しいなとは思い続けていたんです。

 貧乏が体に染み付いてしまっているためなのか、お金がない時はどうするか、これは我慢と言う考えしか持つことができませんでした。
それを覆してくれたのが、高校時代の友人だったのです。
お金がない時はどうする、それはリッチ層の助けを借りれば良いと教えてくれたのでした。

 彼女も、私と同じように高校卒業して、別の会社でお仕事しています。
彼女も薄給。
なのに、ディナーをご馳走するなんて言い出しちゃって、ワインも楽しもうと誘ってきたのでした。
「もしかして、宝くじに当選したとか?」
「違うよ、パパを見つけただけ」
「パパって何?愛人のこと?」
デート援
最初に頭に浮かんだのが、愛人という言葉でした。
「愛人じゃないよ。デートするだけのパパ。お金がない時はどうするか、それは食事パパに頼るんだよ!」
私の中で、何かがはじけ飛んだ瞬間にもなりました。

 高校時代の友人に、セックスしないパパの存在を教えてもらってからは、ソワソワした気分でした。
デートだけなら、全く浮気ではありません。
恋人同士で行くのではなく、友達として食事に行く感覚です。
どうしても、食事パパが欲しくなった私。
友人のようなやり方で、パパ募集をすることにしました。

 都度払いの支払い条件。
金額は、2万円。
とんでもない高額の富裕層と知り合い、食事デートをするようになりました。
お互いの間に恋愛関係は全くありません。
肉体関係も少しもありません。
ただ、お食事にお付き合いをして、お喋りするだけ。
メチャクチャライトなアルバイト。
そして、収入が得られるようになりました。
支援してくれる人
無償で支援してくれる人
[メールボックス]

広告宣伝で副収入
アフィリエイトのスマプロ

BBSRANK
SMART-HP