お金くれるパパ
お金くれる方は出会い系には確実にいる
「今、静岡にいるんだけど仕事が早く終わったからユキちゃんも静岡に遊びに来ないか。でも急だし遠いから無理かな。」「行くよ。パパに会えるなら終電の新幹線がまだあるし乗って会いに行くよ。」「本当に。じゃぁ着く時間が分かったら連絡頂戴。駅まで迎えに行くから。」「分かった。」電話を切ると私は急いで準備を始めました。正直面倒くさいけどお金くれるパパだから行くことにしました。

静岡に着いた頃にはもう深夜の時間になっていました。パパは嬉しそうな顔をして私を待っていましたが私は正直くたびれてしまいました。この疲れを取る方法はお金。ここまで来たんだから、今日はいつもより多めにお金くれるパパになってくれるかなと期待してしまう私でした。そして、パパが泊まっているホテルに着くと早速私にべったりとくっつくパパ。「汗かいてるし、疲れているからシャワー先に浴びたいよ。」「分かった。」いつもよりゆっくりシャワーん浴びて、風呂上がりにワインも飲みました。パパが私に触れそうなたびにワインを注いであげました。「もっと飲んで。夜はこれからだよ。」「そうだね。」そして私の作戦通り、酒を飲み過ぎて先に寝てしまったパパ。私はアルコールが強いのより先に酔い潰れたことがありません。パパのパンツを脱がし、いかにもHをやったようにしました。

次の日、パパは酔い潰れてHしたの覚えてなく少し残念そうな顔をしていました。だけど、私にいつもの倍以上お金くれるパパになってくれました。
パトロン募集
パパ募集
[メールボックス]

スマートフォン広告
クリック保証型ADsee!

全国募集板
BBS|LINK|RANK
SMART-HP