デリヘル業者
テレフォンセックス
 出張に行くたびに、デリヘル業者を呼び出していました。
家庭の中でセックスはしなくはなっているけれど、まだまだ現役で激しい性欲を持っている自分。
妻に女を感じなくなっても、別の女には女を感じる。
妻も子供もいない場所に行くのだから、羽根を伸ばしたくなるのって、男の性ってやつです。
だから、地方に行くたびにデリヘル業者に電話して、気持ちよくなっていました。

 同僚が「プロじゃなくて、やっぱり素人の方が、セックスは楽しいよな」と、言い出しました。
「どうしたの突然?まさかセフレとか作れたわけ?」
「そうなんだよ、この前出張の時さ、地元のエッチできる女の子とアポとっておいたんだよね。素人とセックスしたら、デリヘル業者は使えなくなっちゃってさ(笑)」
ものすごい楽しそうな笑顔を浮かべていました。

 同僚が素人のセフレを作った方法は、とても簡単。
人気の出会い系サイトを利用したとのこと。
たったこれだけのことで、出張先の女の子と知り合い、アポが取れてしまう。
確かに、デリヘル業者も悪くはないんだけれど、セックスするのは素人が一番。
次の出張で、出会い系サイトを試してみることにしました。

 その時は北陸出張だったのですが、21歳のフリーターと知り合えてしまったのです。
事前に会う約束にもなり、メチャクチャ楽しみな出張となりました。
半分サービス出張の部分もあったため、時間は有り余っている。
仕事を終えた後、知り合ったフリーターの美由を直ぐに呼び出してしまいました。

 本当に出会えた時、衝撃的な感動を覚えてしまいました。
見た目も悪くはない。
スタイルもそこそこ良い。
そんな素人臭い女の子。
挨拶をかわして、それだけでホテルに入れてしまったのですから驚きを隠しきれません。
デリヘル業者の何十倍もの興奮を、その時味わってしまったのでした。

 素人の肉体を抱くって最高の興奮。
美由の艶めかしい素人の肉体の味は、プロのそれとは全く違います。
素人の喘ぎ声。
素人の感度。
素人のオマンコのキツさ。
どれをとっても、最強レベルの興奮を味わってしまったのでした。

 セックスの後、美由とは酒も飲みに行っちゃって、凄く充実した時間を過ごせました。
「数日こっちにいるんだけど、また会ってくれる?」
「うん、いいよ」
とても魅力的な笑顔で、彼女は答えてくれました。
ツイ援
ツイ援
[メールボックス]

スマートフォン広告
クリック保証型ADsee!

BBSRANK
SMART-HP